Facebookと「セカンドライフ」

前から、ずーっとずーっと思ってたんです。
なーんか、Facebookってセカンドライフに似てるなぁと。
今日寝付けなかったんで、布団の中に入りながらぼんや~りといろいろ考えてたら、
ふと、あることに気づきました。

どっちも、「ビジネスツール」なんですよ。

いま、「Facebookが海外で話題だ、日本もこれからはFacebookだ」、と言ってます。
ちょっと前は、「Second Lifeが海外で話題だ、日本もこれからはSecond Lifeだ」でした。
結局、そういわれつつも今じゃ見る影もありません。ぶっちゃけコケました。

なぜか。要因はいろいろあります。
・仮想世界内でなにかするためには、基本的に現実世界の金を仮想通貨に換金する必要があり、
 自分のアバターを車に乗せるのも、素敵な服を着るのも、全て金次第だった。
・誰もがツールを使えば仮想世界内で物を作り出すことができる、という売りだったが、
 クリエイト能力があるのは一部の人間だけでしかなく、
 クリエイト能力のない一般人は稼ぐ手段がないため、金の流れが一方的過ぎた。
・クリエイトする連中も、具体的な目的がなくツールだけ使えたので、
 製作物は簡単に作れて食いつきのいいアダルトコンテンツが多かった。
・企業がビジネス目的で続々と出展したはいいものの、
 別にデジタル世界でアバターにジュースを買って飲ませても
 自分の喉の渇きには一切何の影響もなかった。
・動画をビジョンのように貼り付けたり、音楽を流すことができたが、
 それらのスクリプトがクッソ重すぎて操作が快適なんて程遠かった。

などなど・・・。まだありますが、あんまり書いてもしゃーないので割愛。

けど、当時は
「クソなのわかってる、どーせコケるのもわかってるけど、
 クライアントが要求してきたらやらざるを得ないから、勉強として・・・」と、
プログラマーやSEや営業や、いろんな業種がこの世界に触れました。

いや、勉強するのはいいと思います。クライアントの要求は断れないですし。
けど、そもそも「勉強しなきゃいけない」っておかしいと思いません?
本当に人が居て、本当にそこに活気があったら、勉強しなくとも触れてる人間いますよ。

みんなSecond Lifeを語るとき、
「ビジネスチャンスがそこにあるから」と盛りたてていたけど、
ビジネスチャンスがある場所ってそもそも「人が(自然発生的に)集っている場所」じゃないの?と。
人の居ない場所でビジネスはできないだろうと。

さて同様に、Facebook。
これもさ、実名登録がルールである以上、
変な話日本では「ビジネスツールとしてしか」認知されてないSNS。
ビジネス雑誌やIT系の雑誌、どれ開いても、Facebookの紹介は、
「ビジネスに向いている」
いやいや、SNSの本来の目的じゃねぇだろそれ。それはあくまでビジネスツールだろ。

海外では成功しているかもしれないですが、
それはプライベートでもウェブ上に実名出しても問題ない文化であるから成功しているだけで、
もし日本のFacebookの捉え方と同様に「ビジネスツールとしてだけ」の認知だったら、
成功はしてないんじゃないの?
そらそうだ、誰が好き好んでプライベート時間中に
「ビジネス専用ツール」に接続なんかするもんか。
現実ですら初対面の人とは緊張してやりとりするのに、
ウェブ上で友達を増やしていくとか、
「ビジネスだけのため」という括りをつけていたら、拷問でしかない。
それを日本人は、「仕事だから」、と割り切って自主的に拷問受けに行っちゃってる。
いやいやいや、Facebookは本来はビジネスツールじゃなくSNSだし、
やってて辛い・大変なSNSなんて、おかしいと思わない?

そもそもSNSとは、仕事はともかくおいといて、
まず「プライベートで使いたい」自主的に「使いたい」と思わせるものでないと、ヒットしない。
日本のウェブ文化は「理想の自分」を演出しながら他人と付き合っているのが実情で、
実名なんて大体フツー明かさないし、顔写真も避ける。
というか、いま学校の授業で、インターネットを扱う上で実名表記など
個人の特定がされるような行為は「しないように」と言っている。
Facebookがコミュニティ構成員に求める、「ありのままの自分」というのと全く反してるわけで。
そう考えると、Facebookが日本に浸透する日ってくるのかな~?と疑問。

日本向けのSNSを考えるなら、
・匿名(ウェブ上で使うニックネームでOK)
・自分を飾れる(外見的という意味でも、内面的という意味でも)
最低限この2つが必要になってくるだろうなぁ。

これ考えたとき、意外と日本向けSNS最強ツールってtwitterでもmixiでもなく、
実はアメーバピグのような、アバターが存在して、
それと共に個人のスペース(ブログや日記帳など)を用意したタイプじゃないのか?と。
そういったツールが成熟して人が集まって、初めてビジネスチャンスが発生して、
ビジネススペースとして価値が見出されるようになるんじゃないか?

意外とそういう点でいけば、MMOも可能性としてはありえるんだよなぁ。
そこでネックになるのは、「クライアント型」という導入の手間と、
クライアントからウェブページ(個人スペース)を参照させること、
そしてやはりゲーム主体だからこそのコンテンツ開発スピードにかかる時間と、操作時の重さか。
PCスペックの問題もあるけど、それは大丈夫になっていくでしょ、そう時間かからずに。
あとは、MMOのコンテンツ内の、人を結びつけるシステムか。
やっぱここがカギなんだろうなぁ。最終的にはいつもこのカギつきのドアにぶちあたる。

あれこれ考えて迷子になる前に、カギ探して来いっていう話ですかw
[PR]
by exe138812 | 2011-06-12 06:30 | その他

シールオンラインの変わり者


by exe138812

プロフィールを見る
画像一覧

我流 News

当サイトのTOP絵は、
Koyuki.Aさん
描いて頂きました!
過去の作品はこちら↓
TOP絵ギャラリー from
Koyuki.Aさん



シール公式はこちら
興味がわいたら
早速遊ぶべし!
べしべし!!

ちなみに私は朱雀鯖プレイヤー
SealOnlineに関する
画像その他の著作権は

(c) 2011 YNK Partners Inc. Co., Ltd.
(c) 2003-2011 WeMade Online Inc.
にあります。




オンラインゲームブログランキング

NEW !
シールオンラインリング
サイト一覧ランダム
前5件次5件


=ゲーム内アレコレ=
・別鯖キャラとのささやき方法
! 名前 サーバー名 本文
・露店街の場所
 金~火曜メンテまで開いている
 交流サーバ内で行われてます
 交流サーバへは、街中央の
 ゲートから行けます。
・メインクエについて
 ティファレットのクエ完了には、
 「サキエルの調査」クエが必要。
 再取得できないので、
 欲しい場合は運営へ問合わせ
・名前の数字について
 復帰する場合、名前の後ろに
 「名前_2」のように数字が
 ついていますが、
 街の中央にいる「ネミング」から
 名前を変えることができます。

 それでは、行ってらっしゃい!
 良いシィルツライフを!

=SealOnline
  Useful Links=

Seal Wiki
 Seal commuさんのWiki
 進化情報から装備情報まで
 幅広く使えます。

きき☆彡さんのページ
 二次職スキルシュミレータや
 SealQuestなど使える
 コンテンツがいっぱい!

とらじまさーち
 狩人関連以外は対応。
 狩人に関しては上記の
 SealWikiが良いかも。

スキルシュミレータ NEW!!

=お友達Links=
アルミナさん
巴芹さん
れなこさん
しろとらさん
ガオガイガーさん

=Another Links=

I'm listen to NAGOYARADIO.com!

カテゴリ

全体
★おしらせ!★
シール
しーるde採集
シール以外のゲーム
チャレンジ(封印中)
ニュース
ビリヤード
STING
その他

最新の記事

直接対面してきました。
at 2016-05-07 22:59
【告知】成りすまし結末 ちょ..
at 2016-04-24 03:18
【告知】成りすましその後
at 2016-04-17 00:11
【告知】著作権侵害および成り..
at 2016-04-08 20:08
映画「マネーショート」を見る..
at 2016-03-04 17:58

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 07月
2014年 06月
more...

ライフログ


THE NETGAMESシールオンライン

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧