カテゴリ:チャレンジ(封印中)( 13 )

昨日の惨劇

封印中の項目なのに・・・。やってしまいました。

先日報告したように、クレイジーギネスをやってきたのですよ。
今回はその事件の報告についての更新ですww

Irish Pub THE COOPER’Sというお店。
いつも行ってるHUBに程近いお店で、大通り沿いにある。
とあるホテルの1階にできたお店で、シックな赤いデザインが目立ちます。

で、そこにはですね。
クレイジーギネスというものがありまして。
7パイント(前回の記事で6パイントと書きましたが、間違いでしたw)のギネスの
入るグラスになみなみとギネスを注がれ、
そしてそれを一体何分で飲みきれるか、というチャレンジもの。

そして、その記録の王者は、店のカウンター横にあるボードに、
名前を残せるのです。
d0032088_19235878.jpg

(※画像のお名前の部分は白で消してあります。)

現在の記録は、外国人(名前からして、多分アメリカ人かイギリス人)の、5分16秒。

うーん・・・、これって・・・早いのか??

だって、ビールの1パイントなんて、その気になりゃ15秒かからんぞ?
単純計算しても、105秒。多少最後のほうに苦しくなってくるとしても・・・。
300秒くらいは切れそうな気がするけどなぁ。
でも、挑戦者の記録は2009/08/23より更新なし。なんでだろう。
気になって店員さんに質問してみたら、大変なことが発覚。

挑戦料というか、クレイジーギネス自体?が。
5000円するらしい。

・・・もしかしてさぁ。
挑戦するにも金額が高くてあほらしいから誰もやらないんじゃない?

だったら、ここでとりあえず記録更新しておけば、
しばらくの間名前を利用して宣伝できるんじゃないのかなぁ。
そう思い、次の給料日には・・・!とずっと狙っていました。

そして昨日。
これは行かねば!ということで、早速顔を出してきました。
ハロウィンのためか、店員さんが魔女のコスプレをしていた。
女性も男性もww男性の店員さん、胸にメロンパン仕込むというネタっぷりw
なんという「Trick "and" Treat」って感じですよw

そんな面白い状況の中、思い切って注文!
リウエン「よっし、じゃあフィッシュ&チップスと・・・
      クレイジーギネスを一丁!!」
店員さん「マジですか!お~・・・何かの記念ですか?それとも本気ですか?w」
リウエン「そりゃもう!あそこ(ボード)の記録を塗り替えにきたさっ!w」
店員さん「おお~!ぜひやってくださいよ。日本人であの記録を塗り替えたら、
       同じ日本人としても僕ら鼻高々ですからね~!」
リウエン「ええっ、そうなの?w」
などと、冗談まじりにいろいろと話をしつつ。

準備されたグラスの異様なでかさ。
あまりのデカさに驚き、写真を撮り忘れてしまった・・・。

でも、次の写真をみれば、異様なでかさがわかると思う。

d0032088_19404942.jpg

※注 男性店員が両手で持ってます。

隣にいる女の子の顔くらいはあります。ええ。

なんていうか、グラスを見たときは、まだ笑えたんだ。
それがさ、なみなみと、「もういいよ」ってレベルまでギネスを注がれていく絵をみるにつれ、
「・・・うわぁ・・・やっちゃったかな・・・。」という後悔の念にかられてきました。

ちなみに、よく読んでいただいている読者の皆さんはご存知のとおり。

私は通風もちです。

発作がおきてないだけで。
・・・これ本気でやばいんちゃうか。

d0032088_19501245.jpg


もう意味がわからないレベル。

隣にうつっているのは、フィッシュ&チップスの
タルタルソースとケチャップの入れ物。どんだけでかいか判るかな?
ちなみにその後ろにある白い横長のは普通の割り箸。
決して遠近法などでなく、真横においてるからね、これ。

で、いざスタート!
もうひたすら飲む。こういうのは勢いが肝心。
いかに最初に勝負をかけるか・・・!だけど・・・。

・・・なにこれ冷たっ!!
カキ氷みたいに頭にキーンとくるんだけど!!

そのときふと浮かんだ言葉。

ギネスさまがキンキンでいらっしゃるぞ、
飲んで差し上げろ(名言改変)

人間、いよいよ危険が差し迫ったとき、
謎の発想をするようです。

最初の30秒で、確かに3/4までは削った。
その後も、気合と根性で飲み続けて2/4まで削った。

・・・その後がやばい。ゲップがとまらない。
胃の中のガス抜きが自然に行われるレベルでやばい。

そして、もう冷たくて冷たくて、痛くて仕方がなくなったときに
フィッシュ&チップスを食らう。

店員「おお、今まで食べ物と一緒に飲んだ人は初めてだ。
    こりゃすごいペースだしいけるかも!」
他のお客さん「無理しないようにね、大丈夫?」
リウエン「気合と根性です!!・・・が、やばいかもw」

結局、打倒5分と言ってたのに、
5分過ぎたあたりでこんなに残ってる。
d0032088_2145281.jpg


少しに見えるだろ・・・。これ、1パイント以上あるんだぜ・・・。

マジで入らない。
っていうか、冷たさで頭抑えてるうちに、一気に酔いがまわってきて。
やばいですよやばいですよ、逆流の波がのどに来た。
そうかと思えば、もう次の瞬間、周囲の状況が把握できない状況に。
・・・これはまずいな・・・。冗談抜きで嫌な予感がするよ・・・。
もうルール上負けになる、お手洗いに行くことに決めましたw

で、お手洗いに行って、とりあえず便器に座った。
・・・が。

胃に違和感を感じ、

本能的な素早さで180度回転!!


あとはもう・・・ブログでは自粛しておきます・・・。

最終的にはこれだけ残して、撤退。
d0032088_21142811.jpg


いやまぁ、なんつーの?
無理w

でも、この後相変わらずHUB行って食ってるというアホさでしたがw
なんていうか、一度すっきりした後は案外あたまはっきりしてるんで、
なんてことはないですね、ほんとに。普通に食ってましたw飲みませんでしたがw

で、翌日の今日も、通風の症状もなく、
頭も別に異常なく。(アホなのは昔からですw)
いやぁ・・・久々にお酒で痛い目をみましたよ。
[PR]
by exe138812 | 2010-10-31 21:05 | チャレンジ(封印中)

あたったよ~!!

報告が遅れましたが・・・
ダルクブルーあたりました!!
最終日前夜にやっとです!!
d0032088_23121371.jpg

うむうむ、負けずにがんばった甲斐があったよ。

ちなみに2着目もそう時間かからずにあたりました。
d0032088_2313979.jpg


いやー、当たるときは当たるんだね~。
当たらないときは
全然当たらないけどw


ちなみにかかった金額は・・・
d0032088_23173892.jpg

こんな感じ。(10SOP=1円)
それに加えて、ラビキャッチャー変更初日10/31に5000円分入れていたり。
もともとあったSOPもあわせたら・・・合計で・・・。
6万円弱使ったかな・・・?

・・・考えたら負けだ!考えるな!感じろ!

感じたらもっと欝になった・・・orz

・・・ま、まぁ、念願のブツが手に入ったし、
ハズレアイテムも使いまくれるしよしとしよう。うん。そうしよう。

とりあえず、スレで騒いでたときにレスいっぱいくれた
スレ住人のみんな、応援ありがとうございました!無事当てられました!
そんなお前ら愛してる!
さー年末に向けて盛り上がっていくぜぃ!リアル忙しいけど!!
[PR]
by exe138812 | 2008-11-17 23:22 | チャレンジ(封印中)

これなに?罰ゲーム?w

ふと気がついたらもう11月さ!!どうなってんのこれ?!w
でもまぁ、ほんと忙しいからなぁ・・・。

それはそうと、珍しくチャレンジ項目更新です。


え?なぜって?


そりゃあさぁ・・・。
こんなにもラビキャッチャーがあたらないとは思ってなかったしさぁ・・・(苦笑
私もまさかの展開だよこればっかりはw
クジ運確かに悪いほうだけど、まさかここまでひどいとは思ってなかった。
d0032088_1852724.jpg

某所にあげた画像と同じもの。

えっと、話が読めない人に向けて解説するとですね。
今週の金曜に、シールのガチャ景品にダルクブルーが実装されたのですよ。
【秋の特別企画】ラビキャッチャーリスト更新第3弾!
でまぁ、ご存知の人もいるかと思いますが、
私はダルクのデザインが大が付くほど好きでして。
だっていいじゃん!カッコイイし無駄に派手派手しくないしおしゃれじゃん!
ということで、まぁダルク狙いでやったわけですよ。

その結果、約2万?つぎ込んでも当たらないという不運っぷり。
人によっちゃコイン1回であたったとか聞くんだけどさ(真偽は不明だけど)、
まさか今まで3ページぐらいしかなかったキャッチャーの履歴ページ数が
最初こうなって
d0032088_1931145.jpg

さらにこうなって
d0032088_193554.jpg

現状こうなるだなんて
d0032088_1942946.jpg

誰も思っちゃいなかったわけで。
(ちなみに1ページに10個表示。使った金額は1アイテム×100円と考えてくださいorz)

もうここまでくると笑っちゃうよね。
こんな感じに
d0032088_19124566.jpg


はてさて、私はちゃんとブルーダルクを手に入れられるのでしょうか?
2着分。

え?なぜ2着分かって?リウエンの分だけじゃなく
マイエン分もに決まってるだろうが。
つまりは1着でたとしても、もう一着分ゲットのために単純計算で×2の費用が。

・・・財布の金が尽きるのが先か、ブルーダルクを2着揃えるのが先か。

無事ゲットしたら報告しますね。当たる保障なんてどこにもないけど(´・ω・)


おまけ。
アイテムバンクの中身の様子。
d0032088_19453437.jpg

オーブと指輪が写ってますが、これ今の超特価のあのオーブ。
発売された日に買ったやつなんですが、それ以降アイテムなんて買ってません。
つまりはそれ以降のアイテムはすべてキャッチャーから。
d0032088_19503871.jpg

これも全部。
d0032088_19505135.jpg

これも同じく全部。

ラビキャッチャーを回すだけでこんなにたくさん。
そして見事にブルーダルクのいないこと。
ああ・・・アイテムバンクン中がパンパンだぜ・・・。
[PR]
by exe138812 | 2008-11-02 19:13 | チャレンジ(封印中)

○しい☆お料理

えー、まさかのチャレンジ更新です。封印中だったのに・・・。
まさかこんな形で更新することになるとは思ってませんでした。

この春から会社の寮に入ったんですが、同じ部屋の上司は帰りが遅いので、
ほとんど一人暮らし状態になっております。
そのため、夕飯・朝食ともに一人で作って食べてます。
これは、そんな夕食作りの時のまさかのトラブル話・・・。

自分の夕飯を作ろうとしたんです。
その日はハンバーグと、炒めたサラダ?だったんです。

ハンバーグは超簡単。冷凍物なので、袋ごと鍋で沸騰したお湯に入れて、
十数分待つだけ。超簡単。超絶簡単。
問題は炒めたイタリアン?サラダだったんだ・・・。

手順①
ブロッコリー・カリフラワーを湯通しする。
手順②
唐辛子を小口で切って、お好きな量だけフライパンを使って油で炒める。
手順③
手順②のフライパンに手順①で湯通ししたブロッコリー・カリフラワー、
その他もろもろを入れて炒め、付属のソースを入れて終了。

超簡単。これほどまで簡単なものはないと思う。
手順書を見て、自分も
「な~んだ、簡単ジャン」と、楽勝ムード。
さっきハンバーグをゆでたお湯をそのままブロッコリー・カリフラワーにかけ、
とりあえず手順①終了。

次は手順②。
「『唐辛子を小口で切る』ねぇ・・・。包丁つかうのめんどいな~、
 こんなちっこいし。よし、手で砕くかぁ。
 『お好きな量だけ』?これ一本分価格に含まれてるんでしょ?
 中途半端に残したらもったいないし~。」
右手の平でゴリゴリと砕く。見事に細かくなった。
「おー、これでいいや。よっし、フライパンに投入!!」
パチッパチッと唐辛子がはぜる。うむ、いいかんじ。

どれどれ、次の手順は・・・っと手順書を見ようとしたら、
時間が20時15分になっていた。
実はこの日、シールオンラインの大阪のイベントで競り落とした、
導師札+9をGMと取引する約束があった。その約束の時間は20時半。
けど、ガスをつけたまま自室に戻るのは危ないと思い、
ガスを切り、とりあえずブロッコリーその他いろいろを投入し、
余熱で暖めておくことに。

そこで自室のPCに戻り、ログインをした。
その時、違和感に気づいた。

鼻が痛いのだ。左の鼻の穴。
「んっつぁ・・・。なんだろ、まさか油でも鼻に入った?
 いったいな~・・・。よし、ティッシュつめとくか。」
鼻血になったときのように、ティッシュを鼻に詰める。痛みがおさまらない。
「うーん・・・。痛い・・・。っ痛ぅ~。」
そう言いながら、とりあえず取引場所へ。
しかし、だんだんと痛みが増し、それは左の鼻の穴だけでなく、
鼻の両穴・そして両目にも痛みが回ってきた。
少し目を押さえるつもりが、痛くて痛くてたまらない。
とても目を開けられる状況じゃなくなってきた。

「・・・これはまずい!!!」
その時になってやっとこれが異常事態であることに気づく。
原因は・・・どう考えてもさっきの料理だ!!
急いでキッチンへ。近づくにつれ痛みも増す。
どうしよ、どうしよ、とりあえず・・・そうだ、臭いは水に溶けるって聞いたことある!!
蛇口で水を汲み、フライパンに投げ込む。
風呂場に行き、水のシャワーを出し、居間に振りまく。
が、シャワーが届くのはごくわずかの範囲。
これではいけないと、自室に戻りバスタオルを持ってきて、
水でぬらして居間で振り回す。体も暑くなってきて、耐えかねて上着を脱いだ。
シャツに短パンという超絶ラフな格好で、水浸しになった床の上、
涙目で鼻水をたらしながらぬれたバスタオルをすごい勢いで振り回す。
それはもうすごい光景だったさ。

しかしそれでも収まる気配が無い。
その時にやっと気づく。そうだ、換気しなきゃ!
ガスコンロの上についていた換気扇をフルパワー。
上司のとなりの部屋の窓全開。自室の窓全開。
玄関も、出入り口に積んであったタイヤで押さえて全開。
トイレのドアもあけ、トイレの換気扇も使用。
とりあえずここまでやり、精神的に限界だったので外へ一時避難。
ふへ~と一息ついたが、そう、大変なことを忘れていた。
やばい、取引が!!!

急いで自室に戻り、PCの前へ。
なんかGMがすでに呼びかけてきてる!
返事うたなきゃ・・・。でも目があかない・・・。
根性で涙をぬぐい、一気に「こんばんわ」と打ち込む。
GM「先日は大阪イベントに起こし下さりありがとうございました」
中の人(いいから!!そういう挨拶はいいから!!今緊急事態だから!!)
リウエン「いえいえ~」
なんか、GM側はこっちの返事がもっと続くものと思っていたのか、一時沈黙。
中の人(はよしてぇ~!痛いのぉぉぉおおお!!死ぬうぅぅぅぅ!)
そんなこんなで取引終了。
(ごめんなさいGMさん・・・あの時返事が無愛想だったのは、
 決して他意はなく、ただ
 生きるのに必死だっただけです・・・。)

取引終了後、またもや外へ非難。
そして外の風で体を冷やしながら考えた。
これって・・・異臭騒ぎって世間では言うんじゃないのかなぁ・・・
よかった~、社員寮の一番上の階で・・・。
今流行の硫化水素のアレじゃないんだから・・・。
唐辛子の料理失敗で死ぬって冗談じゃない。
ってか、よくよく考えたらカプサイシンって催涙スプレーの中身じゃないか!
あっぶね~・・・。こりゃどんな奴も耐えれんわ・・・。

よし、体温も戻った、一気に片付ける!!
意気込んでキッチンに戻る。やはり風通しをよくしたのが効いたのか、
かなり状況は快方に向かいつつあった。だがまだ目鼻が痛い。
とりあえず時間を置くしかない。
床に撒いたシャワーの水をバスタオルで拭き、ベランダに干す。
せっかく炒めた料理に水をかけてしまったため、料理は台無し。
しかし、少しでも回収しようと思い、水分を切り、焦げ焦げになっていた野菜を取り除く。
・・・まだセーフだと思いたい。と願いつつ、付属のソースをかけようとした。
ところが、付属のソースがあらぬ方向に飛び、半分くらい壁にかかる。
先ほどとは別の意味で涙目になりながらも、壁に着いたソースをティッシュで回収。
ある程度異臭が収まってきたので、トドメをさすことにした。

リセッ○ュお願い 異臭騒ぎなの 目鼻が痛い

とか心の中で歌いつつ(もちろん歌えない。だってまだ空気が辛いし。)
部屋中にリセッ○ュしまくる。

そうしてできた料理は、おいしそうなハンバーグとご飯。
そして、正体不明の炒め物になりましたとさ。

まだ漫画のヒロインの料理のほうが、味付け間違ってるだけでいいと思った、
そんな激しい☆お料理だったとさ・・・。

バスタオルぶん回してるとき、本気で死ぬかと思ったんだぜ。
生きてるって幸せ。

とりあえず忠告。
無色の気体はマジヤヴァイ。どこまで充満してるかほんとにわからん。
唐辛子を使用する料理初心者はマジで気をつけて。
妙なところで手を抜くと(具体的には手でゴリゴリすりつぶしたのがまずかったらしい)、
大変なことになるぞ。いやほんとに。ネタでもやらないように。
[PR]
by exe138812 | 2008-05-03 20:56 | チャレンジ(封印中)

テラ豚丼

Excite エキサイト : 社会ニュース

えー・・・、なんか世の中の爆盛の流れを見て、
勘違いしちゃった若者が居るようなので、
一応「チャレンジ」のコーナーをやっていた自分からちょっと言わせて貰う。

「最低でも対価は支払え」&「店員と客との立場の違いを考えろ」

私もさ、ココイチで1300gとか、トッピング全のせを企画としてやったさ。
けどね、それはちゃんと「」という立場で、
商品」に対して、「お金を払って」やってるわけね。
お店で売り物として扱ってる「商品」なわけですよ、お店の食べ物は。
バイトのまかないで、どれだけ盛ってもいいっていうのなら、
テラ豚丼に関してだけいうなら、そう問題はないのかもしれない。
(でも、動画に内部資料出てきてるからその時点でどう庇おうがアウトだけどさ。)
けど、よくよく話聞くと、まかないでのそういうルールはないらしいじゃん。

じゃあ、あの盛りは何だったのさ?というわけで。
「商品」に勝手に手をつけて、無茶苦茶盛ったってことだよね。
ちなみに、無茶苦茶盛ったあの量を、商品と規定していないから、
支払おうにも支払えないはずだよね。
グラム換算で支払ったとでも言い張るのかな?
もしそうなら、「それでいい」という店長さんや本部の許可はちゃんと取ったかな?

客として2個分別々に頼んで、それを客が勝手に1つに盛りつけて載せたのなら、
客は2個分の支払いをして、商品を出してもらって、
その分のお金さえ支払えば、これでその場の契約は成立。
あとは、基本的にどのように食そうが客の自由であるわけだ。

でも、よりによって店の「商品」を無許可で「対価無し」で盛りつけて、
(食った食わないは別として、)商品を消費するのは、いかんでしょ。
(また、「少し食べて鍋に戻した」ってのは、
 本人の証明がでてないはずなのでとりあえずいったん置いておきます。)

そして、それを吉野家店員の格好してやっちゃったのは更にマズイよね。
お店の格好をして何かをするってことは、
そのお店の看板を背負って何かしてるのと一緒ってこと。
客から見れば、店員一人一人がお店の「顔」です。
店員以外の人からすれば、バイトか店長かなんて関係ないし、
むしろ下手すりゃ見分けがつかない。
「自分は店員であり、店の顔である」ということを自覚してれば、
例えテラ豚丼を作ったとしても、動画はアップしなかっただろうね。
自分が動画を見る側に、どのように映っているか想像できたはずだし。

・・・いや、このテラ豚丼をつくっちゃった子達は、
ニコニコにアップするためにテラ豚丼を作ったわけだから、
その自覚があれば、そもそもこんなもの作らなかったか。

とりあえず・・・。
私も爆食のようなことをしてきたので、立派な事は言えませんが、
問題を起こした店員という立場として、
ここまでの騒ぎになった対価を支払ってもらわなくちゃね。

アップ前に追記
どうやら店員を特定できたらしいですね。吉野家ぐっじょぶ。
社をあげて店員の特定をする仕事の速さ、お見事でした。
[PR]
by exe138812 | 2007-12-05 00:29 | チャレンジ(封印中)

魔法使いへの道・・・(後編完成) 店員よりも強い人々

本文完成しました

ばっはさんから、「誕生日プレゼント」だと言われ、
頂いた青い袋の中身を開けてみると・・・。

そこには、何か白と黒の模様のついた物がパッケージに入っていました。
なんだこれ?と思ってよくよく見ると、
パッケージに着用時のイメージ写真が。
なんだったかというと・・・。



牛の着ぐるみ
(まさにこれが現物w




o r z


そ、そう来たか・・・。
確かに前に、誕生日プレゼントに牛の着ぐるみというジョークが
あったような気がしますが、それにしたって、
マジで実行するとは・・・。
あまりの驚きに、その場で突っ伏しましたw
もう、一言で言うならば、
ちょwwwwwwwwマジカwwwwwwwww
としか言えないw
もうあまりのインパクトに、その時誰が何を言ったかとかこの時全然覚えてませんw
言葉は聞こえてたんですが、それよりもただひたすらに、
頭の中で「牛のきぐるみ!・・・牛の着ぐるみぃぃ~?!」という、
もう訳の分からない混乱と爆笑で、何が何だか訳が分からなくなってました。

プレゼントしてくれた張本人であるばっはさんとあ~にぃ。さん以外の人は、
「袋の中身は何だったの?」と言っていたので、袋から出しました。

リ「牛の着ぐるみです・・・w」

みんな爆笑。そりゃ笑うよねぇw
とりあえずは、どんなものであったにしろプレゼントを貰ったので、
お礼をちゃんと言わなきゃいけませんね。
リ「あ、ありがとうございます。」
コレ一体どこで着るねん、って思っていたら、
「コレ着て(バイト)勤務してよ~」という声が。
いやいやいやいや、それまずいですからw
ってか、仮に係長のHさんがOK出しても人前でこれ着た格好晒したくねぇですw

ちなみにさっきからこのテーブルが大騒ぎのせいか、
すぐ隣のテーブルに座っていた男性からガン見されていました。
怒ってる様子ではなかったんですが、ひたすらこっちガン見。

気分は↓


1 名前:[常連っぽい]マジシャン 投稿日:2007/08/12(日) 11:10:15 ID:AfiliaMan
( ゚д゚ )

2 名前:リウエンの中の人 投稿日:2007/08/12(日) 11:10:32 ID:LiuenInside
>>1
こっちみんな


もちろん口に出しては言いませんがw

そして、プレゼントはこれだけだと思っていたら、
予想外にも佐○さんからもプレゼントが。
こっちは透明なビニール袋に、すでに白いTシャツがみえていました。
ああ、なんかこれなら普通だな、よかった。

佐「ぜひ、コレを着用してくださいw」

・・・すっごく嫌な予感。

リ「あ、ありがとうございます。袋から出して見てみますね」

佐「コレねぇ、結構きっついと思うよ」

・・・凄まじく嫌な予感。まぁでも・・・

リ「いやでも、さっき牛の着ぐるみよりはきっとマシですよ」

折りたたんであったTシャツを、少しずつめくってみると・・・、
・・・なんか、ピンクの文字で「」とか書いてあるんですけど。
ちょうどそれが左腕の袖のとこ。
こんなものが出てきた時点でイロモノTシャツ確定。
まぁ、そんな予感はしてましたが・・・。

リ「ちょw佐○さん、なんかピンクで愛とかデカデカと袖に書かれてるんですがw」

佐「うん、でもまぁまだ序の口だと思うよw」

これが序の口・・・一体なにが出てくるんだ・・・?

折りたたんであるのをどんどん広げていくと・・・。
どこかで見たような、茶髪の頭に黄色いリボンが見えて・・・

げぇっ!まさか?!





d0032088_10531956.jpg


チーンΩ\ζ゜)

・・・きっついわぁ・・・。
下手すりゃ、いや、下手しなくとも確実にこっちのほうが、
さっきの牛の着ぐるみの数段上いってるわぁ・・・。
しかもご丁寧に目線までしてあんの。ちょうど画像みたいな感じで。
丁度隣に座っていたジョン君とおはる先輩は、
私と同時に某ハ○ヒを見て、笑いだし咳き込む始末。かくいう私も吹きましたw

ごめん、一言いわせて・・・。

リ「これは」

リ&佐「ひどい」


ひどいって言うならこんなもん作らんでください佐○さん!w
佐「しかもそれ、裏もあるからね」
リ「裏ぁ?!」

裏には
m9(^Д^)プギャーーーッ
がプリントしてありました。

・・・これはないわぁ・・・w
むしろこれ、着てる本人が周りにプギャーされるのが正しいでしょw

まだ見れていない人が「何だったの?」と聞いてくるんですが・・・
かつてこれほどまでに人に見せるのが嫌なプレゼントは貰ったことないですorz
しかし、聞かれて答えないわけにもいかず、みせることに。
もちろん、見せた途端に大爆笑。
「これはひどいwww」「やりすぎですよ佐○さん!w」等々言う人や、
「自分の誕生日じゃなくてよかった」
「自分の(誕生日の)時はまだマシだったことがよくわかった」等々、
好き勝手に言う人までw
・・・ぽまいら今回マジ手加減無しですねwww
そんなぽまいらが大好きです。

けど、さっきから他のお客さんどころか、店員さんまでこっち見てるんですが・・・。
向かいのお客さんは相変わらずガン見。
別のテーブルに居た2人組みのお客さんは目を合わしたらそらしました。
きっと私から「助けてください」オーラがでていたのでしょう。

3 名前:[常連っぽい]マジシャン 投稿日:2007/08/12(日) 11:20:23 ID:AfiliaMan
( ゚д゚ )

4 名前:リウエンの中の人 投稿日:2007/08/12(日) 11:20:30 ID:LiuenInside
>>3
だからこっちみんなwww

5 名前:[2人組みの]マジシャン 投稿日:2007/08/12(日) 11:21:08 ID:AfiliaPair
・・・

6 名前:リウエンの中の人 投稿日:2007/08/12(日) 11:21:15 ID:LiuenInside
>>5
なんか言えよ!w

7 名前:アフィリア店員2 投稿日:2007/08/12(日) 11:23:25 ID:AfiliaGirl
モテモテですねぇ

8 名前:リウエンの中の人 投稿日:2007/08/12(日) 11:24:08 ID:LiuenInside
>>7
それ多分意味違う。


・・・でも、せっかくのプレゼント。
やっぱりお礼を・・・お礼を・・・言わ・・・言い・・・
言いたくねぇ~っ!
さすがに、そういうわけにもいかないので、
なんとか本能を理性で抑えつつ、「ありがとうございます」と言いましたが・・・
しかし・・・、どうすんだこれ。どこで着用しろと。

佐「今是非着てきてください」

リ「はあぁっ?!」
佐○さんマジサディストwww
ば「牛の着ぐるみも着てよ~」
S「いや、2つとも着ると中途半端になるから、どっちかにしないと」
ヨ「とりあえずどっちか着てください!」
店員3「よかったらお手洗いで着替えても構いませんよ、先輩」
ば「ほら、着替えていいって。行ってこい!w」
リ「はいぃ、マジすか?!」
佐「いやぁ、ここは着ないと」

着る本人の意向を無視してなに決定してるんですかwww
リ「・・・仕方ないですねぇ、着てきますよ。」
仕方ないので、着てくることにしました。
牛の着ぐるみと、某ハ○ヒTシャツ・・・、どっちを着るか・・・。
・・・この選択肢、どっちも選びたくないです。
ああ、今着てる服に呪いでもかかっていれば、きっと着ずに済んだんでしょうが・・・。
仕方ないので、腹をくくって選びました。牛のきぐるみに。

・・・今「何故ハルヒを選ばなかった!」って思った人。
d0032088_2321477.jpg


こうして、お手洗いで牛のきぐるみに着替えてくることになりましたとさ・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結局まだ書き切れてない(´・ω・`)
近いうちに続き書きます。

ところで、アフィリアの中編書いた日、ニュースへのトラバもしてないのに、
141HITもしたのは仕様ですか?

・・・あまり更新できてない上に、記憶が薄れてきた・・・。
これはいかん。早く終わらせねば。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アフィリアのお手洗いで、
それまでTシャツの上に着ていた白のカッターを脱ぎ、牛の着ぐるみに袖を通しました。

・・・やっぱり暑いなぁ、これ。って、いててて、首のうしろが痛い!なんだなんだ?
ああ、商品タグかぁ。切らなきゃダメだなこれ。って、そうだハサミないじゃん。
手で引きちぎれるかなぁ・・・ふんっ!・・・やっぱだめか。
しゃあない、うまくTシャツの上にかぶさるようにしよう。

と、そんなこんながありましたが、最終的に袖を通し、
ボタンをかい、完全な牛ルックに。
お手洗いの鏡をみて・・・はぁ・・・と苦笑いの混じったため息が。
だってさぁ、考えてもみてよ。
これがもし、OLとかオシャレなお姉さんが、
大手の会社のお手洗いで、鏡に向かってため息ついてたら、
ドラマの1シーンみたいで様になるようなもんですが・・・。
たとえ同じため息をついていても、外見がこれじゃなぁ・・・。

嘘みたいだろ?牛だぜ、そのシチュで。

もうここまできたら、後にはひけません。
牛の着ぐるみをきてお手洗いをでます。
すると、ちょうど席の位置の関係上、先ほどから目が合っている
向かいの席のお客さんが、こっちをみて固まりました。
目と目があう~瞬間 牛だと気づいた~
・・・いや、なんでもありません。うん。
しかし・・・、この人さっきからノーリアクションだなぁ・・・。まぁいいけど。

結局そのままテーブルに戻ると、やっぱりまってた笑いの渦。
いいんですけどねっ!
なんか「似合う似合う~」とか言ってくれてます。
良いんですけどねっ!(*´Д`) 
店員までもが、
「似合いますね先輩、少しくらいはそのまま外へ出て歩いてきてくださいよ。」
とまで言ってくる始末。
リ(・・・ネタになるならやろっかなぁ・・・。

  ・・・。

  いやいやいやいやいや、落ち着け自分、待て自分!
  いくらなんでもそれはマズイ!)
なんだか知らないウチに、マゾな自分が目を覚ましつつありました。あっぶねぇ。

そうこうしているウチに、注文していた料理が来ました。
ギルドライス。通称?メキシカンライス。普通にうまかったです。
でも・・・。
リ「こう・・・、レタスを食べてると、マジで牛になった錯覚に陥るんですが」
あ「ごふぅっ!」
どうやら、私の発言がツボに入った方が一人いるようです。
とりあえず一矢報いたので、真症マゾになってないことは確認できましたw

そしてその後、食事が終わった頃に、最初の方で集めていたコイン4枚を、
先輩達が店員に渡しました。
店員1「ツーショット写真でよかったですか?どなたでしょうか?」

・・・

・・・え?

あ「あ~、この牛の人です」

・・・え??

店員2「解りました。どの子にしますか?」

・・・ええっ?!

リ「え、ええ?どゆことですか?」

ヨ「コインを4枚渡すと、店員の方とツーショット写真が撮れるんですよ。」

お「ここに書いてあるよ?」
そう言って、おはる先輩が指し示してくれた、メニューの最後のページ。
・・・マジだ。なんか書いてある。
ってことは、何?今から撮るの?!この格好で?!
この格好が記録に残るだと?!しかもコスプレ店員とだぁ?!
マジカヨ!w orz

リ「えー?えー・・・。えぇー・・・?」

いや、さすがにこれには抵抗アリアリでした。
だってさぁ、牛の着ぐるみ姿だぜ?
しかも、誰か指名しろってことは、つまり、
自分の趣味がバレるっつー話じゃないですか。
ちょ、マジキッツい・・・w特に人に趣味がバレるのはマジきついww
個人的にはそういうのは口にしたくはないんですが・・・www
これだったら、マジでハ○ヒTシャツ着た方がマシかもしれんwwww
ヤバイwwwwwwwタスケテwwwwwwwwwwwwww
イヤマジでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
でも、もうすでに店員さんが「誰にするんだろ」顔でこっち見ていて・・・。
緊急事態wwwwwwwwwwwwwwオワタwwwwwwwwwwwwwwww

店員2「誰にするんですか?」
あ「早く決めろよ~」
リ「え・・・ええっ・・・ええっとぉ・・・。えー、まず、誰が誰だかわからないしぃ・・・」
超弱気。けど、それで物事が進むはずがない。
結局、少なくとも誰と撮るかは決めなきゃならないので、顔をよく見てみる。
・・・ごめん・・・、よく見たらどの子も意外と化粧が濃いめで苦手かもシレン・・・。
でも、そんなこと口が裂けても言えない。だって失礼にあたるし。
・・・それに、大学4年にもなって化粧顔が嫌いだなんて、
田舎者にもほどがあるよねぇ・・・wとか自己嫌悪にも陥りつつ。

何か決め手ってあるかぁ・・・?
とりあえず・・・コインを渡した店員2さんは、メガネでお下げ。苦手だな・・・。
店員1さんは、金髪で気が強め(?)。これも苦手だな・・・。
残りは、文章では書いてないけどテーブルに料理を運んでくれた、
背の低くて髪がツインの店員3さんと、
あとはカウンターの中で何か作ってる忙しそうな人。
わざわざ写真のために呼び出すのは気の毒だよなぁ。
・・・選択肢ないかぁ?というわけで、その人と写真を撮ることになりました。
あー、すっげぇ恥ずかしい。間違いなく今日一番きつい。
そして、その時の必死な思考を文章で晒している今現在もかなりキツイww
マジこれ消していいですか後でw

で、写真を撮りに、入り口のレジ横のソファに座りました。
店員3さんと並んで座り、木でできた箒を手に持って2枚撮って貰いました。

その後、テーブルに戻り、どちらを持ち帰るか聞かれたので、
どっちも変わらないような気がするものの、とりあえず選びました。
そしたら、何故か「コレを持ち帰る」と指さしたものを持っていってしまいました。
そして、カラーのマジックを渡されました。コメントでも書けと言うことでしょう。
・・・はっきりいって恥ずかしすぎるのでまともにかけません。
何書いたっけな、オワタとフッジサーン書いたか?あと、適当に感謝の言葉。
丁度自分が座ってた右側のほうだけに。

そしてその後、ハッピバースデーの歌を歌いながら、
お店側の誕生日プレゼント?ということで、パフェを持ってきてくれました。
どうやら、さっきカウンターの中で忙しそうにしてた人は、
コレを作ってくれてたみたいです。
・・・なんか、本当はこれ恥ずかしいんだろうけど、
さっきのあの恥ずかしさを経験した後ならぜんっぜん耐えられるレベルやね。
素直に感謝の礼を言い、パフェをいただきました。
結構美味しかったです。感謝感謝。

退店時に、先ほどの店員3さんが、持っていってしまった写真に
メッセージを書いた物を持ってきて、先ほど私が記入した物と交換しました。
てっきり、自分が持ち帰る用の写真にマジックで記入していて、
後で店員さんが他の空白スペースに書くのかと思ったら、
店員さんは持っていってしまった方の写真に書いていたので、
思いっきり私の勘違いでしたorz
写真を並べてどっちを持ち帰るか聞いた時に説明があったみたいですが、
人の言葉が耳に入らないくらいにイッパイイッパイな状況だったので、
間違って解釈していたようです。・・・必死すぎだろ常識的に考えて。
今思うと、あんな中途半端なものを渡してすごい申し訳ないです。


こうして、私のマジシャンへの道は終わりましたとさ・・・。

でも、一言言える。写真はずば抜けて恥ずかしかったけど、
それ以外のサービスよりかは、絶対身内の用意したプレゼントほうが、
ずっとずっと恥ずかしかったです。
魔法使いになるよりも、この人らの用意するネタに応えるほうが、
ずっとキツイことがよくわかりましたw

d0032088_21334798.jpg

[PR]
by exe138812 | 2007-08-19 09:52 | チャレンジ(封印中)

魔法使いへの道・・・(中編) やっと入店


エレベーターをあがって3階に行くと、
先ほど店員さんと遭遇したあの入り口に着きました。
すでにそこそこにお客さんがいるようで、
食器のカチャカチャという音や、人の話し声が聞こえてきます。
私たちがエレベーターから出てきたのを店員さんが向かえに来ました。

店員2「先輩方、いらっしゃいませ。先輩方は
     キルトの方ですか?
   マジシャンの方ですか?


のっけから宇宙語。

え、ええーと、これはなに?どういうこと?
と混乱していると、誰が言ったか(Sさんだったかな?ばっはさんだったか?)、

「この人(おはる先輩)と、この人(私)が、今回初めてです。」

店員2「わかりました、では初めての先輩方はこちらにいらしてください。」

そう言われて、店のレジの前にある、学生証?のようなものが貼られた板の前へ。
ちなみにその時に、初めてしっかりと店内を見ることが出来たんですが、
なんだ?結構思ってたよりずっとおしゃれ。
それこそ下手な喫茶店よりも、ずっと統一感があって綺麗なくらい。

リ「なんか、見た感じそこまで変って感じしませんね・・・」

おはる先輩(以下、お)「そうだねぇ」

なんだ、これなら楽勝みたいだ。
そうだそうだ、冷静になって考えてみろ、所詮ここはカフェ、つまり喫茶店。
大したことはないさ、店員の対応する時の言葉が少しずれてるだけさ。
・・・はっはっは、余裕じゃーん!
などと、余裕をかましていたら、
店員さんが学生証という名の会員カードの説明を始めた。

店員2「当店では、ご利用する際にキルトという学生証を使わない方と、
     マジシャンという学生証を使って入店する方に分けられます。・・・」

と、なんだかよくわからないけれど、さっきの宇宙語の意味は理解した。
あと、なんだかよくわからないけど、キルトの入店は色々と、
制限?みたいなものがあるらしく、
入店しても入り口側の小さなテーブルの側しか使えないとか、
入店してから退店まで、つまりは店の中にいられる時間が短いとか。
へぇ~、なるほどなるほど、一般客と差別化して、客を固定化させるってわけか。
・・・なんか、ほんと冷静になっちゃえばこっちのもんだなぁ。

店員2「・・・。そして、この学生証ですが、ご来店いただくにつれ、
     ランクが上がっていきまして、店員の接客態度も変わっていきます。
     例えば、私たち店員が中等部2年生なのですが、
     この白いカード(一番下のランクは白)は中等部の3年生となり、
     私たちより1つ上の学年ということになります。
     1つ上の学年でしかないので、従ってくれる子もいますが、
     中には嫌々対応してくれる子、いわゆるツンデレですね
     そういう態度を取る子もいます。・・・」

ごめん、前言撤回。

普通の店の紹介でツンデレとかいう単語は聞こえないと思うんですが・・・。
やっぱあれだ、言葉遣いだけ少しおかしい普通の喫茶店と考えるには、
さすがに無理があった。
正直、そんなワードが聞こえると思わなかったので、笑いを殺すのに必死。
多分、横から見てたら顔がゆがんだのがわかったんでしょうね、
入り口近辺で待ってる、もすうでにマジシャンな御方達のほうが騒がしくなりました。
でも、笑いをこらえるのに必死で、
解っていても声を出して何か言うこともできません。

何を隠そうこの私、実は弱点は「笑わされること」だったりします。
中学校の時なんかはよく、給食の時間に牛乳を飲んでいるとき、
笑わされて吹いていたくらいに弱いんです。
つい先日もTVで、お笑いの「寒い」というのは、
ホントに体感温度が寒くなるのかっていう実験をやっていて、
ダンディー坂野のネタを見て、「さむぅ~」とか良いながらにやけてた位です。
今回はてっきり、サービスされる側が恥ずかしいんだろうと思ってましたが、
まさかこういう形でトラップがあるとは思ってませんでした・・・orz

まぁ、それはともかく。
結局、なんとか店員2さんの説明を聞き終えて、学生証を発行することになりました。
他のマジシャンな人達も、店員2さんに学生証の提示を求められ、
みんな一斉に財布の中から学生証を取りだしていました。
(余談ですが、これはこれですごいシュールな光景でした)

その後、席に案内されました。
どうやら一番奥?の、向かい合ったソファーの席。
8人全員が余裕で座れるくらいの広さでした。

座席に通されると、まず行われたのが、
店員が呼称する名前の確認でした。
簡単に言えば、○○先輩って呼ばれる○○の部分です。
すでに来たことのある人はみんなそれぞれ、HNやあだ名などを答えていきます。
初来店のおはる先輩も、普段からその名前を使ってるせいか、
あっさりと、
お「『おはる』でお願いします。」
と答えました。
しかし、私は・・・

店員2「何とお呼びしましょう」
リ「う~ん・・・どうしよう。」
ば「名前何にするの?『うし』?『リウエン』」?

ちなみに補足しておくと、私のバイト先でのあだ名は「うし」なんです。
理由は、本名がそう読めてしまうので・・・(本当はそう読まない)。

呼ばれる名前・・・こんな所で自分を呼ぶ名前を言うなんて考えてもみなかった。
えええ・・・、何にすればいいんだ・・・?
けど、こんなところで「リウエン」なんてあまりにも恥ずかしすぎる
っつーか、現実世界のほうでその名前は使いたくないw
じゃあ、もはや決まったようなものかなぁ・・・。

リ「じゃあ、『うし』でお願いします」
というわけで、『うし先輩』になりました。

その後くらいだったかな?表面に「A」が描かれたコインを、
一人一個ずつ貰いました。なんだこれ?
多分、この「A」は、アフィリアの頭文字だとは思うけど・・・。
裏面は何だかよく分からないデザイン。
はてさてなんだろう・・・と思ってまじまじと見つめていると、
横に座ったおはる先輩が気づきました。
お「これ、ドラゴンが描いてあるね。」
リ「へ?・・・あ~、あーあーあー、ホントだ。」
なるほど、よく見たら円形におさまるように描かれたドラゴン。
こだわってるな~。
けど、明らかにゲーセンのコインに掘ったのが解っちゃうのが、
コインマニアの自分としてはすごく残念。
しかも硬貨の数字が描いてない時点で、私にはおもちゃにしか見えない。
・・・いやまぁ、当然のことながら流通してる通貨じゃないし、
そういう考えで言うなら十分おもちゃなんだけどさ。
けど、これ何だろう。来店の記念品?と思ってたら、
なんだかみんなが貰ったこのコインを1つに集め出しました。
そして、4枚積み上げたものを1つ作り、残りはバラバラのままに。

リ「何かに使うんですか?これ」

みんな「まぁまぁまぁまぁ」


佐「すぐに解ると思うよ」

リ「はぁ・・・。まぁ、よくわかりませんが・・・。」
とりあえず、すぐに解るという時点で嫌な予感はしましたが、
不安がっても仕方ありません。

その後、メニューを見て注文をすることに・・・。って、
メニュー読んでもわかんねえええええええ!

だって見てよコレ
どれもこれも、写真を見たらおいしそうなんだけど、
普段見る名前と違うからもうわけがわからん。
なんだよ騎士団セットって!wフロンタム茶ってなんですか!w
世界観を出すためとはいうものの・・・物が分からなければ注文できぬ・・・。
と思ったら、ちゃんとメニューの下の方に普通の呼び名っぽいのが。
・・・一般人用メニューとこっちの世界の人用のメニュー別々に作ってくれたら、
一番ありがたいんだけどなぁ・・・。店の世界観上やっぱ無理なのか。

とりあえず、私はフロンタム茶という名のウーロン茶と、
ギルドライスという名のメキシカンライスを注文。
本当はウーロン茶じゃなくて、アイスミルクティーもいいかなぁと思ったけど、
思っても名前がわからん。
名前を照合するのもめんどいw

とりあえずフロンタム茶がウーロン茶のことだって解ったし、
ウーロン茶嫌いじゃないからこれでいいよ、うん。

さて、注文をしてから、少し時間が空きました。

ば「じゃあ、今のウチに誕生日プレゼントあげるよ~。」

と、さっきから手に持っていた青い袋をくれました。
丁寧に、表にはHappy Birthdayとまで手書きで書いてあります。牛の絵まで。
実を言うと、私の誕生日は8月の12日という、
お盆の超がつくほど直前に行われるので、友人のほとんどは里帰りに忙しく、
人から祝って貰ったことがありません。
また、そもそも人の誕生日を祝うという習慣自体が私の周りにはないのかも。
家族や親戚ぐらいですね、ホントに今まで祝って貰ったの。
プレゼントはたまにありましたけど。

あー、嬉しいな、なんだろう。と思って、
袋を開けてみると、そこには・・・。

(後編に続く)

・・・ここからが本当の地獄だ。
[PR]
by exe138812 | 2007-08-15 12:07 | チャレンジ(封印中)

魔法使いへの道・・・(前編) 入店するまで


今回、前半は身内くらいしか楽しめないかもしれません。
なので、興味がなければスルー推奨です。


今日8月12日は、めでたく私の22歳の誕生日です。
ある日、なんだかんだでそんな歳になっちゃっうんだな~と思っていたら、
先輩達から謎のお達しがありました。

あ~にぃ。先輩(以下、あ)「誕生日の12日は空けておいてね」

リウエンの中の人(以下、リ)「へ?え、何でですか?」

あ「いや、みんなで祝ってあげようと思って(ニヤリ)」

リ「あ、そうなんですか。ありがとう御座います。
      (・・・さっきの笑いは一体・・・?)」

そして、その笑いの意図は、誕生日が近づくにつれ、
だんだんと明らかになっていきました。
祝う場所が、どうやらメイドカフェのような場所であるということが・・・。
そしてそこでは、誕生日の人はハッピバースデーを歌って貰うとかいう、
罰ゲームというか辱めサービスを受けるということも解りました。
・・・今まで体力とか食欲でチャレンジしてきたこのコーナー。
まさか、「精神力」や「忍耐力」にまで内容が及ぶとは
思ってもみませんでした。

また、同じバイト先には既に誕生日に、
その「アフィリア」というお店に連行され、
私と同じように恥ずかしい目にあったという体験者もおり、
かなり恥ずかしいということも聞いていました。
果たして一体、私の恥ずかしさの限界はどこまでいけるんでしょうか。

あ、ちなみに私はメイドカフェなんて行ったことありません。
そういうその手のお店に行ったのは・・・部活の飲み会で、
月天」ってところに行ったくらいです。
今思えば、それだけで十分だったかも知れませんが。

そして当日。午前10時半に、現地集合という話なのですが、
なんと私は二度寝をしてしまい、ふと目をさませば出発予定の時間をオーバー。
これはまずい!いくらなんでも遅刻はマズイ!と思って、
ダッシュで自転車をこぎ、普段は定期を使って名鉄線でゆったり行くところを、
切符を買ってJRのホームに急ぎました。
たった5分しか違ってこないけど、でもその5分が今は大きい。
名古屋に飛び乗り、とりあえず遅れそうなことをメールで伝えました。
が、JRの利用をとっさに判断した私もなかなかのもの、
集合時間のぴったり5分前には、そのお店のすぐ前につきました。
けど・・・

リ「・・・あれ?誰もいない・・・。」

そう、お店の前には、知り合いが誰もいないのです。

リ(・・・おかしいな・・・ここのはずだよなぁ・・・。ビルに看板もあるし。
  ・・・まさか、一人で入店しろってこと?
  もしかして「現地集合」って、先に入ってて、私が入ってくるのを
  ニヤニヤしながらみんなで待ってるとか・・・。
  ・・・あの人達ならやりかねん。
リ「しゃあない、行くかぁ」
と、集合時間である10時半に、エレベーターで3階へ。
そのお店の入り口に入ってみると、なぜかイスがテーブルの上に載ってる状態。
あれ?おかしいなぁと思って入り口周辺をよくよく見回したら
開店11:00~ とか書いてある始末。
え、えええっ、あれぇ?!
そう思っていたら、中の方から店員さんが。

店員1「あ、すいません。開店までお待ち下さい。」
リ「あ、はい。わかりました」
 (うわー、いたー、いたよ~!何か(コラ 居たー!マジなんだ~!
  都市伝説じゃなかったんだ、すっげぇ~。
  ・・・へー・・・、うわー・・・。で、でも、まだ想定の範囲内だな。
  衣装がちょっとオリジナルで変わってるだけだよ、うん。
  けど、さっきの人ちょっと性格きつそうな顔してたな~。
  こういうお店って、てっきりキャピキャピ(死語 な人ばっかだと思ってたけど、
  結構そうでもないのかなぁ・・・?)

エレベーターを降り、結局最初の場所へ。
そしてやっぱり誰もおらず。完全に振り出しに戻る。
仕方ないので、地下街の出口あたりでぼーっとしてると、
あ~にぃ。先輩、ばっは先輩、ヨッスィーが来たので合流。
そしてその少し後、職員で前にマジョリに一緒に行った時のSさんとも合流。
・・・10時半に集合だったような・・・あれ・・・?
リ「結局30分に間に合ったの自分一人じゃないですかぁ~!」
S「いやまぁ、光画部時間みたいなもんだってw」
ば「某あうしし(私の部活のこと)も、時間ぴったしに来る人いないでしょ?」
リ「いやまぁ、確かに少ないですけどね・・・w」
ってことは、この十分くらいはウチのバイト先の時間感覚では、
誤差ってことなんでしょうか・・・。う~ん・・・w
まぁ、悩んでも仕方ない。残りのメンバーを待ちましょう。

残りは、もう一人の職員の佐○さんと、ジョン君。
佐○さんはどうやらこっちに向かっている様子。
しかも、「サプライズゲスト」をお連れとのこと。誰だろう。
そして、問題は・・・ジョン君。
なんと、午前と午後を勘違いして、集合時間に自宅にいたのだ。
おいおいおい、今から間に合うんだろうか。
ジョン(以下、ジョ)「あと30分で着きます」
30分か・・・まぁ、佐○さんもまだだし、ちょっと待ちますか。

-15分くらい?後-
佐○さんとジョン君のどっちが早く着くだろうという話をしていたら、
佐○さんがこちらに来るのが見えました。
あれ?「サプライズゲスト」ってのは?と、
既に集まっているみんなで不思議がっていたら・・・。
「背の高い佐○さんの後ろに誰かいる!」と、誰かが気づきました。
よくよくみると、確かに影の動き方が変。
そして、佐○さんが一瞬後ろを振り返ったと思ったら、顔が見えました。
なつかしい、おはる先輩じゃないですか!
バイト先でなんどお世話になったかわかんなくなるくらいに世話になった先輩。
そりゃもうびっくり。
もちろん、同世代のあ~にぃ。先輩やばっは先輩も、みんなびっくり。
誰も予想できてませんでした。予想では、係長のHさんだろうか、
職員のIさんだろうか、それとも卒業したK先輩だろうかという感じだったんですが。

そして、なつかしの再会をした後くらい?に、
またジョン君に連絡を取ってみると・・・、
現在、最寄りの駅で、「あと30分」だそうで。30分・・・。
さすがに、これ以上暑い外で待てないので、一端どこか涼しいところに入ることに。

余談ですが、私は普段、名古屋には基本的に来ないんですね。
せいぜい出没するとして、名駅周辺くらい。
学校の往復と、授業・バイト・(部活)で完全に時間が潰れてしまい、
名古屋の中心街で遊ぶことって基本的にないんですよ。
それに、外で少し遊ぶだけでもお金がかかりますからねぇ。
なので、こういう時にちょっと歩くだけでも新鮮でした。

はてさて、どこに行くんだろう?と、
みんなの行き先にワクテカしながら着いていったんですが・・・。
まさかそんな、いい歳の、しかも男女の集団で、
とらのあなに行くとは
少しも思いませんでした・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ってか、おかしいじゃん!!w
普通さ、こういう時って喫茶店とかそういうお店じゃないの?!w
なぜそこで何事もないかのように入っていけるの!?w
アレですか、やっぱソッチ系の人多いからですか?!

・・・実は、さっき言ったように、栄とか全然こないので、
とらのあなに入るのも初めてだったりするわけですが・・・。
名駅のアニメイトなら、行ったことありますけどね。
でも、アニメや漫画にはそんなにハマるタイプじゃないんで、
基本的にそんなに行きません。
ゲームとかネットとかはしますけどね~。
アニメは家族で見てるクレヨンしんちゃんくらいのもんです。
漫画も、右のライフログに入ってる「もっけ」くらい。
しかもこの漫画も1年に1巻出るペース。そりゃ疎くもなる。
そんな私がつい最近アニメイトに行ったのは、多分・・・半年前くらい?
その前は2年前とかそんくらい?
まぁ、それはおいといて。このとらのあなってお店、
一応どういう店か噂は聞いてたんで、そう引きはしませんでしたが・・・。
いや~、けど、すごいね。
プラモとかフィギュアとか、全然触れたことなくて、
それこそ小学校の時のミニ四駆くらいが関の山だった自分にとって、
あの価格はありえないって思いましたね。フツーにゲームの値段くらいするんですね。
2000円とか3000円とか。高いのになると1万円とかする。すごい・・・。
オタク産業が最近すごいって噂は聞いてましたけど、こりゃほんとすごいわ。
日本経済ハジマタ\(^o^)/でも内容はオワッテル\(^o^)/
ゲームやCD・本だったら、1個買えば結構な時間楽しめるから日持ちもするでしょうが、
フィギュアって1個買って、飾って眺めるとしても、日持ちしませんよね・・・?
こういうのを買う人って、一体出費のウチ何削ってるんだろう。
それとも、もともと収入が多いのかな?
現代日本の七不思議に入れたいくらいに不思議だ・・・。

まぁ、そこである程度時間を潰して、
そして元のアフィリアの入ってるビルの前に戻りました。
・・・まだジョン君来てないよ(´・ω・)
仕方ないので、とりあえず待つことに。それからちょっとして、やっと合流。
メンバーも揃ったので本日の戦場へ行くことに。

いざ、アフィリア!



この時、まさか、アフィリアの店や店員さんよりも、
身内の策略のほうが恐ろしいとは、知るよしもない。

(近いうちに続き書きます。
・・・mixiのほうはすごいことになってんだろうなぁ・・・w
主にばっはさんの絵が。
[PR]
by exe138812 | 2007-08-12 18:43 | チャレンジ(封印中)

スパークリングカフェがまっっっっっっずい件について

コーラとコーヒーが一緒になった「コーク・ブラック」 | Excite エキサイト

炭酸飲料+コーヒーということでトラックバックしましたが、
つい先日、ネスカフェから発売された、「炭酸コーヒー」スパークリングカフェ。

私がよく聞くFMラジオでも紹介していました。
ただ、その紹介が、
「6人に1人は癖になる味」
「私には・・・あいませんでした」と、コメンテーターが言ってたのが、
すごい気になって気になって。

「6人に1人」・・・なんだその微妙な数字!
「私にはあいませんでした」・・・やっぱりそっち系の味?!

大学帰りにあまりに気になったのでコンビニで探したところ・・・



あった・・・。
ネスカフェ:スパークリングカフェ

早速これだけ買って、飲んでみた





















なんていうか、これは半端じゃないひどさ。

変な味の飲み物・食べ物といったら、
最近でいうと、ポーションやカカオ99%とかあったけど・・・


個人的にこれはそれらを超越した。

口に少し含んだだけで顔が歪みましたからねぇ・・・。
ごくっと液体がのどを通った後は、「まっずー」を連呼。

気になる人はお試しあれ。その後どうなってもしりませんが。
[PR]
by exe138812 | 2006-05-26 14:44 | チャレンジ(封印中)

ココイチよ!私は帰ってきた?!


お久しぶりです。リウエンです。

またココイチに行ってチャレンジしてきたので、その様子を書きます・・・。

えー、とある日(いつかはわすれました。多分2月のはじめ頃)。
私は、テスト期間(1月終わり頃)からずーっとビリヤードに行きたかったので、
兄に「連れていけ~連れて行け~」と日曜にねだってみたら、
連れて行ってもらえることになりました。

で、昼飯をたべてから、車に乗ってビリヤードのあるゲーセンへ。

ビリヤードのあるゲーセンへ行く途中、兄がふと

「・・・チャレンジしたくないか?」

と、

超意味不明な発言をしてきました。

さすがウチの兄です。不意打ちもいいところです。
まぁ、前から私がいろいろチャレンジしては、携帯で撮った写真を兄に見せて、
大騒ぎしていたのも事実ですから、チャレンジをしていることについては
知っていても当然なのですが・・・、

私はその時、初めて自覚しました。

(チャレンジ精神って、伝染るんだぁ)


なんというか、チャレンジをしたよと他の人に伝えると、
その人も乗り気になってなにかしらチャレンジさせたがってしたがってきます。
思えば、中学の友人の誘いから始まり、大学の部やバイト先の先輩に誘われたりと、
伝えた人が次から次へとチャレンジャーになっている気がします。
みんな、チャレンジ精神を心に秘めてるんだねっ☆

・・・

・・・・・・

ごめんなさい。今ふと心の中で、
チャレンジ精神を持つ人でふえるのならまだ問題はないんですが、
チャレンジになぜ私がつき合わされるのでしょうか疑問で仕方がありません。
これじゃあまるで、昔PSで出た
「鈴木爆発」みたいな勢いです。

あのゲームは「出会うあらゆるものすべてが爆弾!」でしたが、
今の私は「出会うあらゆる人すべてがチャレンジャー」なんですが・・・。



で、親に電話で夕飯を食べてきてもいいか、兄が許可をとったところ、OKが出ました。
決定です。
チャレンジ内容は、ココイチで1300g
食べろと言う指令でした。


リ「・・・ごめん。

ぶっちゃけ余裕かも。」
兄「な、なんだってー!」

お兄様?この私をなんだと思っていまして?(突如ベル薔薇?エースを狙え?風
この私は年末年越しにココイチでオールトッピングをしたのですわよ?
私にはそのくらい、なんとでもないことでしてよ。
まさかこの程度がチャレンジだとおっしゃるのではないでしょうね?

などと、腹の中で考えていました。しかし、私は大きな失敗をしてしまいました・・・。

ビリヤードやゲームで楽しんだあと、ココイチへ。
適度におなかもすいているので、ちょうどいい感じ。
(チャレンジするときのポイントとして、腹を空かせすぎないこと。
 おなかがすきすぎていると、少し食べただけで満腹感が出てくるから)

ココイチにはいると、某ばはむぅと氏がバイトしておりました。
やー・・・これはマズイ時にきちゃったかもわからんね。
しかも店混んでるから、大変そうな感じもするし。

まぁ、とりあえず店のなかに入り、席を確保。
後にばはむぅと氏に発見されました。
ば「なにしにきたん?」
リ「あー、ちょっとチャレンジに」
ば「え・・・、何するんだw」
兄「あー、1300gをこいつに」
ば「・・・わかりました。辛さはどうする?」
リ「あー、普通でいいよ」

メニューを見ずに言ったこの一言が、
後の勝負を大きく分けることになるとは・・・。

ちなみに兄も兄でチャレンジするらしく、サイズは普通で、
辛さを5辛にするという話が決まりました・・・。

そして、しばらくすると、兄が厨房のほうに何かを発見したようです。
兄「お?何あれ」
リ「へ?どれ」

d0032088_1775921.jpg


店員さんの手元に見えるの・・・ごはんだよね。多分。
なんか山になってるけど。
ちなみに手前側にいる店員さんはばはむぅと氏だったりしますが、
なんか量をみてウケてます。
ええ、私もなんかいや~な笑いが腹の底からこみあげてまいりました。


その後しばらくして、
本日のボスがでてまいりました。


d0032088_17453650.jpg



・・・えーと・・・

とりあえず、看板表示しなきゃね、うん。

d0032088_1752185.gif


これでよし。


さて・・・このでかさどうしたもんだろ・・・。でも、まだ山1つだからマシかな。
前回のマジョリの時とくらべたら。

兄のがきました。サイズ比較をしてみましょう。
d0032088_175422.jpg


左: グラム:ライス1300g(+カレールー700g) 辛さ:ノーマル
右: グラム:通常量                  辛さ:5辛

なんというか、ステキです。
ライスの山が兄のPHSを越しているのですが。
左隣のソースのビンの高さにほぼ匹敵してる感じもします。
・・・でも、まぁ、なんとかなるやね、これだったら。

さて、兄とともに、なぜか「いた~だきます」をして、食べ始めました。

パクッ・・・。

んー・・・微妙に辛い。水をゴクリ。

パクッ。
ん、やっぱチョット辛いね。水をゴクリ。
まぁ、辛さがあるほうが食欲増すっていうし、いいんじゃないかな。
パクリ。ゴクリ。パクリ。ゴクリ。パクリ。ゴクリ。

そうしていたら、ふとばはむぅと氏に声を掛けられました。
ば「どう?いけそう?」
リ「んー、まぁいけるんじゃないの?この程度なら」
ば「そうだよなぁ、年末のオールトッピングと比べたら楽だよな」
(まずい・・・もしここで「うん」と言って失敗したら・・・)
リ「ま、まぁあのときは3人で食べたからね。今回はソロだからなぁ」
兄「まぁがんばれ。俺は助けん」

ひどいわお兄様。

そして、談笑をしながらパクリとゴクリを繰り返していました。
最初は、辛さのためもあり食欲増進効果のせいか、
そこそこのスピードで口に運べていきましたが、突然、
リ「・・・うーん・・・ちょっとつらくなってきたかも・・・」と、
不意に口をついて出てしまいました。
その言葉を発してから、スプーンを3~5回ほど口に運んだあと、
いよいよスプーンが持てなくなってきました。
どうやら、人間の限界というのは

   余裕な時              厳しくなってきた時
     ↓                     ↓
+----------------------------------+-----+
↑                               ↑
食べ始め                         限界地点

という構造のようです。
なんだか、人間の体についてちょっと理解した感じがします。
体を張った実験を通して。

そして、多少胃に余裕を持たせるため、お手洗いに。

お手洗いから帰ってきた後

な・ぜ・か

ばはむぅと氏が私服になって私の席で、カレーを食べているじゃありませんか。
あ、カレーといっても私のヤツではなく、また別に自分で頼んだであろうものです。

リ「あ、あれ?どしたん?」
ば「ああ、休憩中」
リ「ああ、そうなんだ?」

そして、ばはむぅと氏も交えての談笑しながらのカレー。
・・・もうカレーいやー。からい~。

リ「ねぇ、このカレー辛くない?これほんとにフツー?」
ば「ん、そだよ。コレ見てみ。(メニューを取り出し)普通の辛さは中辛くらいだよ」

Σ(・ω・`)

はい、白状します。

私、カレーの辛いのは超苦手です。
家族は全員、カレーの辛いのは大好きなんですが、
私一人辛さがどうしてもだめで、ウチでカレーと言った場合は、
私だけ甘口カレー(なおかつ辛さを抑えるため牛乳を隠し味に)もしくは、
ハヤシライスになるほど、私は辛いのがだめなんです。

リ「え!そうなの?!てっきり普通(の辛さ)ってのは、甘口なんだと思ってた・・・」
ば「馬鹿だな~、こっちみてみろ。甘口は甘口で別にあるの」

orz

そ・・・そんな・・・。

兄「そういやお前、水さっきからガバガバ飲んでるよな」
リ「だって辛いもん・・・」
ば「そんだけ飲んでたら、全体で2000gどころか、2500gは軽く越してると思うぞ」
ちなみに私はそのとき、コップに7~8杯ほどの水を飲んでいました。
だって辛いんだもん。仕方ないじゃん。

リ「う~・・・。まさかそんな誤算が・・・」
兄「あとスプーン3杯くらいじゃん。食え食え」
ば「まぁ、その3杯がきついのは、俺もよくわかる」

みんなに励まされましたが、結局私はダウン。

d0032088_18313567.jpg


リ「ギブ~・・・ギブ、ギブです。ギブ。」
兄「なんだ、口ほどにもない」
ば「まぁでも、こんだけくったらほとんど平らげてるのと同じだって。お疲れ」

結果。ギブアップ。

会計をしようとレジの前に行くと、
バイトのお嬢さんが「どうでした?完食できました?」と興味津々に尋ねてこられました。
リ「ゴメン、無理だった」
切ない瞬間でした。


ちなみにその後、兄の車にまた乗って家まで帰りましたが、
胃の中に詰め込めるだけ詰め込んでいる状態なので、本当にきつかったです。
車の中に入ったら即座に座席を倒し、
リ「う~~~~~~~~~~・・・・・・・・・
  うう~~~~~~~~~~~~~~~・・・・」

とうなっていました。
車が走り出すと、車が道路の凸凹で揺れだしました。
胃の中が詰め詰め状態なので、見事に胃にその振動がダメージとなって伝わってきます。
リ「ううぅ!・・・う~~~~~~~うう!うあう!」
兄「ええい、うるさい!黙っとけ!そこまで食うな!」

・・・私がやったのはお兄様の指示だった気がするのですが気のせいでしょうか。

リ「う~~~~・・・・」

兄「しかし、ほんと大変そうだな・・・」
リ「う~ま~れ~る~・・・」
兄「はぁっ?!w冗談はほどほどにしとけww」

リ「・・・www」
自分でやったギャグですが、声をだして笑いたくても笑えません。
だって笑うとカレーが「I'll be back」してきちゃうのですから。
とりあえず表情で笑っておきます。

いやぁ・・・家への道がこんなに遠く感じられたことは初めてでした。
ウチのマンションに着いても、エレベーターが待っていました。
そこをあがればすぐ家なのですが・・・。エレベーターの振動が凶悪です。
あの動き始めの妙な重力感で、
カレーがちょっと「I'll be back」し、ノドのところまで出てきてしまいました。
まぁ、自然とノドが動いてまた自動で体内収まりましたが・・・。
シャレにならんってこういうのを言うんだね・・・。ちょっと学習。

その後、家についたら居間にあるソファーで倒れていましたとさ。ちゃんちゃん。


その後、蘇生するまで2時間かかりました。ほんと今回は大変だった・・・。
[PR]
by exe138812 | 2006-02-19 17:09 | チャレンジ(封印中)

シールオンラインの変わり者


by exe138812

プロフィールを見る
画像一覧

我流 News

当サイトのTOP絵は、
Koyuki.Aさん
描いて頂きました!
過去の作品はこちら↓
TOP絵ギャラリー from
Koyuki.Aさん



シール公式はこちら
興味がわいたら
早速遊ぶべし!
べしべし!!

ちなみに私は朱雀鯖プレイヤー
SealOnlineに関する
画像その他の著作権は

(c) 2011 YNK Partners Inc. Co., Ltd.
(c) 2003-2011 WeMade Online Inc.
にあります。




オンラインゲームブログランキング

NEW !
シールオンラインリング
サイト一覧ランダム
前5件次5件


=ゲーム内アレコレ=
・別鯖キャラとのささやき方法
! 名前 サーバー名 本文
・露店街の場所
 金~火曜メンテまで開いている
 交流サーバ内で行われてます
 交流サーバへは、街中央の
 ゲートから行けます。
・メインクエについて
 ティファレットのクエ完了には、
 「サキエルの調査」クエが必要。
 再取得できないので、
 欲しい場合は運営へ問合わせ
・名前の数字について
 復帰する場合、名前の後ろに
 「名前_2」のように数字が
 ついていますが、
 街の中央にいる「ネミング」から
 名前を変えることができます。

 それでは、行ってらっしゃい!
 良いシィルツライフを!

=SealOnline
  Useful Links=

Seal Wiki
 Seal commuさんのWiki
 進化情報から装備情報まで
 幅広く使えます。

きき☆彡さんのページ
 二次職スキルシュミレータや
 SealQuestなど使える
 コンテンツがいっぱい!

とらじまさーち
 狩人関連以外は対応。
 狩人に関しては上記の
 SealWikiが良いかも。

スキルシュミレータ NEW!!

=お友達Links=
アルミナさん
巴芹さん
れなこさん
しろとらさん
ガオガイガーさん

=Another Links=

I'm listen to NAGOYARADIO.com!

カテゴリ

全体
★おしらせ!★
シール
しーるde採集
シール以外のゲーム
チャレンジ(封印中)
ニュース
ビリヤード
STING
その他

最新の記事

直接対面してきました。
at 2016-05-07 22:59
【告知】成りすまし結末 ちょ..
at 2016-04-24 03:18
【告知】成りすましその後
at 2016-04-17 00:11
【告知】著作権侵害および成り..
at 2016-04-08 20:08
映画「マネーショート」を見る..
at 2016-03-04 17:58

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 07月
2014年 06月
more...

ライフログ


THE NETGAMESシールオンライン

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧