<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サンタさんからプレゼントもらったよ

インフルエンザっていう名前のものを
サンタさんからもらいました。
しかも新型です。やったね☆






なにがやったね☆だよいい加減にしろよコンチクショウorz
ようやくまともに動けるようになりましたが、
頭痛も酷けりゃ熱まで出て(っつっても38.0℃くらいだけど)、
ずっとゴホゴホしてるからのどいたいっつのなんつーの。

今はもう落ち着いて、咳と、それによるのどの痛みくらいなもんですけどね。
あーちくしょー。のどいたーい。
更新したいこといっぱいあったのにー。
大掃除したかったのにー。

みなさんも、新型インフルには気をつけてくださいね。いやほんとに。
繁華街行く時はマスク絶対していってくださいよ!
私名古屋駅で拾ってきたみたいなんで。
しっかし、インフルなんて初めてひいたよ。
今まで食欲がないなんてほっとんど起きたことなかったのに1~2日食わなかったし。
おかげでその間だけで体重2キロくらい減ったよマジで。
[PR]
by exe138812 | 2009-12-27 22:10 | ★おしらせ!★

シールの集金方式を考えてみる

前回に引き続き、現状ほかのネットゲームになく、
シールでできそうな新たな集金方法について考えてみます。

前回のタイトルとかぶってる?
いえいえ、前回は「課金」でした。今回は「集金」です。

最近のネットゲームはあれやこれやと、
運営していくための資金を稼ぐ手段を模索しています。
一般的なのは、ユーザ(プレイヤー)にお金を出させる方法、いわゆる課金。
月額単位のものもあるし、アイテム課金もありますね。
月額だけど、払ってもらった分の課金アイテムを渡すというような特殊方式もあります。

他には、かつて名前だけ流行った(w)セカンドライフから
目立った潮流になってきた、企業宣伝の宣伝料という形式での集金方法があります。
んと、STINGでもでてたんだけど・・・、画像削除しちゃったからもうないか?
まぁいいや、過去につかった画像で・・・。
d0032088_23504499.jpg

こういうの。ゲーム世界の一部に、画像などを宣伝として登場させるという。
だがしかし。


ぶっちゃけこの方式は大失敗だった。
なぜなら、結局はウェブサイトのバナーと一緒で、目につきはするものの、
興味を沸かせるにまでいたらなかったから。
それを証明したのは、皮肉にもその先駆けとなったセカンドライフ自身。
ゲーム・・・と言っちゃいけないのか、あれは。
えーっと、セカンドライフの仮想世界内で出店をしたり、
宣伝をすることが、「これからのウェブ宣伝のあり方だ!」とかいう、
物珍しさや目新しさにつられて多くの企業が参入しました。
その中のほとんどの企業が、結局大した利益もだせずに終った。

なぜか。理由は簡単。
その宣伝しているサービスが、具体的に見えてこなかったから。
↓のブログの記事なんかいい例です。冷静になって読んできてみ。
デジタルな広告たち-セカンドライフ公式ガイドと企業出店事例-

デジタルな本棚見て、「この店は本の品揃えがいい、ここで本を買おう」と思うか?
デジタルな車に乗って、「この車は性能がいい、この車買おう」って思うか?
デジタルな酒飲んで、「この酒は美味しい、この酒買おう」って思うか?

敗因は一つ。デジタルとアナログを完全に分離してしまったこと。
デジタル世界はアナログの上に成り立っているということを忘れてしまったためです。
正直、まだ仮想世界でビールらしきものを飲む自分のアバターを見るよりも、
ウェブページで凝った演出してくれたほうがずっと興味をそそられます。

そこで私が考える、ゲーム内企業宣伝@シールオンライン。

「『目指せ成績アップ!K塾講師の世界史!』 
  1科目あたり1ヶ月YP3000(おまけつき)」


そう、ゲーム内で画像を張ったりして人件費をかけずに宣伝をするのではなく、
実際に人を動員して、ゲーム内でも行えるサービスをすればいいのです。
そのいい例が、塾や勉強会というような、
形のないものを言葉で伝えるサービス。
共通のテキストが要るのであれば、前にリアルグッズ配送をやった時のように、
アカウントに登録されている住所先にテキストを送ればいいだけの話。

授業の時間になったら、ゲームにログインし、コミュニティチャットを通じて受講。
狩りながら聞くもよし、ペット育てながら、友達と会話しながら聞いてもよし。
開講ペースは週一くらいで、開講するたび、最後にミニテスト実施で、
ミニテストで100点を取ったら
キャッチャーのラビコイン3枚、80点で1枚
もらえるとか。
月の最後のまとめテスト(当然専用フォーム用意して行う)では、
上位10人には火卵やGMコイン。更に25点ごとにルビーが1個もらえるとかの
頑張った人へのご褒美つき。
一応YP支払い無しでもお試し受講ができるが、
テキストなしのうえ、ご褒美無しになるとか。

・学生プレイヤーからすれば、そこで狩りの友達もできるかもしれないし、
 頑張れば特典つき。うまいこと親を口説けば地味にうまい。
 それで成績があがればさらにうまい。
・学生プレイヤーの親からすれば、
 子供は机には向かわないがパソコンには向かう
 ちゃんとテキストも来て知名度のある塾なら信用できるし、
 遊びながらでもいいから少しでも勉強してもらいたい
・運営からすれば、YPでの支払い分の9割は塾に渡して、
 塾からのサービスを維持させる約束の代わりに、宣伝費を定額で受け取る。
 キャッチャーなどのご褒美の費用も高が知れている。
 学生間のクチコミで勉強を口実にプレイヤーの増加が期待できる。
 更に講師がGMのようにアイドル化することがあれば、定着・売上げ増
・塾側からすれば、少子化という客の取り合いの教育業界の中で、
 ゲームに居ついている学生層を取り込める。
 某通信教育でも、提出すればポイントが溜まってプレゼントがつくが、
 この方法だとプレゼントの実質的な費用がかからない
 その割りにユーザからすれば価値の高いアイテムがプレゼントされるため、
 たとえ他の競合塾に通う子であろうとも、褒美目当てで客になる可能性もある。
 もっと言えば、客が学生である必要もなくなるw

ぶっちゃけこの方式だったら、少なくともシールの場合は
開発通さずに可能なビジネスモデルです。
だって、利用するアカウント管理とまとめテストのフォームを作成すれば、
後は塾が持っているノウハウを持ち込むだけだし。
何もシステム的に難しいことはしていないはずです。

この発想、実はもともと2~3年前から、個人イベントとして受験の時期に
「受験直前勉強会!」っていうイベントを
やろうかなと思っていたことが元だったりするんです。
もちろんYPとかそういうの抜きにして。
特に文型教科の場合、結構会話でなんとかなったりするもんで、
必要に応じてウェブページ参照させたりすればそれで済む話だし。
でも、いつもながらのめんどくさがりで毎度やってないだけでw

で、なおかつ最近ほら、CMでやってるじゃないか、
某アグネスのパソコン使った教育システム。
あれを見て、ああそういう手(ビジネスとしてのオンライン教育)もあるか、と。

更に、私は実は中学の頃だけですが、Z会をやっておりました。
でも、残念ながら全然提出してませんでしたwww
文章ばっかりでは読む気おきなかったし、
ぶっちゃけ学校の授業みたいに、
他の人が解りやすく噛み砕いて話してくれたほうが頭に残ったし。
でも、塾にはいかなかったなぁ。
だって学校から帰ったら、自由時間、遊びの時間だっていう強い意識があったから。
学校終った後、また時間に縛られて、
机に向かわされるなんて苦痛にしかならない
と思ったし。

そういう経験や知識からすると、
利用する側としてはこれほど都合のいい塾はないんですよ。
遊びながら、自分の自由時間でありながら勉強できるんです。
机に向かうと言うより、パソコンに向かう気楽な感覚で。
頑張った分だけご褒美ももらえます。
しかも通信教育にあるようなショボイのじゃなく、
自分が遊んでいるゲームのアイテムという有効性の高い代物がご褒美。

シールのプレイヤー層は比較的高いとよく言われますが、
それでも学生が居ないことは無いんです。
実際プレイしてても、高校生だとか中学生の子を見かけます。
そういう世代はお小遣いも限られてなかなかゲームにつぎ込めませんが、
その親ならお金は持ってます。この市場ターゲットはそこです。


ぶっちゃけ韓国での、熱狂的な受験戦争といい
MMOの一般浸透率を考えると
韓国ではすでにあってもいいようなビジネスモデルだと思うんだけどなぁ・・・。
自分で気づいてないだけで、大きな問題でもあるのか?これ。
[PR]
by exe138812 | 2009-12-20 01:17 | シール

シールの課金方式を考えてみる

今日はオンラインゲームメッセ2009行ってきました!
盛況でしたね~、くじ。最後20人以上ならんでましたよね。
累計100人は行ってそうな勢いでした。
私も並び、午前のくじでは5等のポスター、
午後では1等(!)の魔法の羅針球を頂きました!
いつくるかな~、楽しみ。
ちなみに、無事ラビの着ぐるみも装備できましたw
いやもう、充実した日でした!

・・・といいたいとこなんですが、
実は今回、シールのブースとは別に、ある目的がありました。
そちらの目的は、結局果たせなかったのです。
その目的とは、ある事について、情報を集めること。
どこのブースで聞いても、ありきたりの回答しか得られませんでした・・・。
実はテーマが大きすぎて、なおかつ外部から考えるには、
まるで雲をつかむようなことなのですが・・・。
シールの今後 存続に向けての集金方法

いきなりだな!wと驚かれた人もいるかと思います。
実はですね、オフ会前のゲーム内ミーティングに
時間に遅刻しつつも参加したんですが、
その時に、ある人とささやきで話をしていたのですが、
こんなような事を言われたのです。

「シールももうすぐ7年目を迎えるが、
 果たして今後、シールは続いていくのだろうか」


ある意味、シールに携わる人にとって、抱くであろう疑問であり、
なおかつ悪い結論を導いてはならないという疑問。

どうやらその人の話いわく、
運営陣も今の新規の少なさは気にしており、
レベルがあがってから引退してしまう人のほうが多いんだとか。
そして、今の課金のスタイルでは、限界が見え始めている、と。
だからこそ、新規を少しでも得ようと、
今のコラボ企画はプレイヤーの囲い込みとして行われている、と。

運営の口から課金について語るのは、なかなかタブーな内容。
オフだからこそ口にでる内容でもあったのです。
でもYNKだってボランティアで運営してるわけでもなく、収益をあげねばならない。
ではどうするのか。新規をいかにふやす?
継続プレイヤーをいかに居住させる(移住させない)か、そしてどう収益を増やすか。

それで、出展してたブースの各担当さんつかまえて、
「もし仮に多くのプレイヤーが高レベルになってきた場合、
 一体どういう形でお金を集めてゲームを存続させていきますか?」
ほとんどの企業は、こう答えました。
・「レベルキャップ(レベル上限)を更に上に設定します」
・「レベル上げだけが魅力でないので、コミュニティ面の要素で引き止めます」
・「さまざまなアップデートで飽きさせません」
どれも、言ってしまえばその場しのぎでしかないように聞こえました。

ちなみに、この疑問を私に投げかけてくれた人の考えた答えは、
・デザイナーを使ってのゲーム内衣装のコスチューム化
・コスプレイヤーを使ってのメディア露出により新規増
という内容でした。
おそらく、このアイディアの元になったのは、
d0032088_23262290.jpg



確かにアレはMMORPGの成功例の一つだと思います。
でも、アレとシールの大きな違いは、
シールはアップデートが遅く、PvPはほとんど行われてないという点です。
衣装を着たコスプレイヤーはどちらかというと、
ゲームが流行ったための副産的なものだと思います。

今日のイベントだって、運営が用意したコスプレイヤー多かったけど、
先行発売?のパッケージを購入専用の優先入場を使って入って、
お目当てのブツを買って、開場前の会場をそそくさと後にする人多かったし。
コスプレイヤーからゲームの発展という、逆方向からの展開で
成功した例って無いんじゃないですかね、多分。

じゃあシールもPvP流行らせればいい、と考えても、
対人バランスが悪いというのは結構有名な話ですし、そもそもそういう土壌がない。
前にイベントでやった「かかし討伐」がシールのその点を象徴してると思います。
実際ちょっと前まで、「ほのぼの」で売ってましたしね。
PvPを導入すると活気付くのはいいんですが、
その弊害として、自分のペースでプレイするプレイヤーが置き去りになったり、
意思に反してプレイさせられたりとか、
ギスギスしたギルド同士・プレイヤー同士の衝突も起きるわけで。

確かに競争・戦争があれば、それを火種に消費は活性化されます。
現実世界と一緒ですね。
でも、今のシールには、そういうのを嫌がった人らが
流れ込んできたところもあると思うので、
あのゲームの真似では発展しないと思うわけです。
ソロプレイヤーの多さや、SPTでの実質的なソロ狩りがそれを物語ってる気がします。

じゃあ平和、ほのぼのを売りにするシールは何で消費を活性化させるか。
ヒントはさっきも述べました、「現実世界と一緒」。
現代の日本は平和ですねぇ。あなたは一体なににお金をつかってますか?
なになに?ファッション誌を読んで、モデルと同じ格好をしたくて服を買う?
なるほどなるほど、
それはGMギルディアこと、モーちゃんが牛コスチュームを着ているのを見て
自分も買っているのと同じですね。

そう、これもビジネスモデルの一つ。
一人のカリスマを用意し、その人のファン層や外見を参考にしたい層に
身に着けてるものと同じものを買わせる。

前にGMエチュードがどんぐり団なんてのもやってましたけども、
これも同じような手法ですね。モールアイテムではなかったですが。
しかもこの場合、「どんぐり団」という集団にすることで結束を強めました。
みんなと同じものを持つことで仲間意識を持ちたい、というのをうまく使ってます。


一方、逆に世の中には、私みたいに天邪鬼なひとがおりまして。
「他人と一緒なんて嫌っ!私は私!」っていうのもあるんですよね。
ほかにも、「他の人たちにない、私たちの共通のユニフォームが欲しい」というのも。
実はMMORPGでまだ始まってないビジネスモデルがあるとしたら、
これなんじゃないだろうかと思います。
今までのモールが対一般大衆向けとすれば、
この提案は、対個人向けということです。

例えばそうですね・・・。
『コスチュームを自分の好きなように製造してくれる』なんてのはどうでしょう?
私はダルクが大好きなのは、ブログ読者のみなさんご存知ですよねw

こんな風にできるとしたら?
1.ダルクの頭のハチマキが気に入らないから、
 頭は通常アイテムの白リボンの形に変更
2.色合いも白と銀で統一。
3.今後、私が発注する以外にこの色・形は作成不可とする。
4.性能は防御20(5・10・15・20・25の5段階) ダメ減5%(1・2・3・4・5の5段階)
5.日数と個数 9999日×1着

で、値段も、
カスタム発注基本料金 5千円 
更に上記の条件から、
1.外見変更部位 頭 3千円
2.色彩指定 白1千円 銀4千円
3.デザイン独占料 1万円
4.性能 防御4段階目 2千円×4=8千円  
      ダメ減5段階目 4千円×5=2万円
5.日数と個数 9999日×1着 3千円
合計、5万4千円也

今後プレゼントや追加発注をする場合は、
5の日数と個数の分だけで作成できるようになる。
(例えばあと2着9999日を作成するとしたら、6000円で作成できる。)

当然作成すればするほど、
クライアントに入れて管理するアイテム数が増えるので大変になるでしょうが、
むやみに増えることを防止する意味での高額設定。
それでも欲しがる人はいると思いますよ。主に私とかw
というか、このくらいの値段設定だったら、私やると思うw

でも実際、趣味にいくらでもつぎ込める人は実際いるわけで、
尚且つ、ゲームをプレイしていけばいくほど世界にのめりこんでいくわけですから、
いつかは俺も!という考えになる人もでてくるわけです。
もし仮にあなたも、例えば銀色のクマ装備が「自分だけ」で、
なおかつ「狩場でもコスとして装備し、
普通に狩りができる」としたら、欲しくありませんか?
また、特に外見にこだわらない人だとしても、
お金さえつめば、通常のコスチュームより
断然強いコスチュームが手に入るとしたら、手に入れたくて仕方なくなるはずです。
そしてそれらの欲望に従ってカスタムコスチュームを買った人ほど、
もったいなくて引退できなくなるという。

ただ、問題はこれをやる場合、先ほど言ったように、
クライアントが作られたコスチュームのぶんだけ重くなることと、
ギルドのユニフォームとして作ったりする場合、
アカウント間のYP受け渡しをできるようにしないといけない、ということですね。

ただ、もしこのアカウント間のYP受け渡しが可能になれば、
変な話ですが、個人のコスチュームSHOPが成り立つということになったりします。
例えば、仮に私がまず3万円くらいで
コスチュームのデザインを運営に依頼したとします。
作成されたコスチュームを、運営が作るコスチューム売り買い専門のページを通じて、
「このコスチューム1着5000YPで売ります。」と書きます。
欲しい人は、5000YPを私に渡すことで、手に入ります。

さて問題です。
上の例えの中で、運営はいくら稼ぐことになるのでしょうか。正解は、3万5千円。
もっと正確に示すなら、
売り手の作成料金+買い手×売り手の提示料金=運営の儲け
売り手はデザイン依頼で人気のデザインを指定しなければならないという
多少リスキーな面もありますが、
成功すればYPチャージしなくてもモールアイテムが買えるという利点があります。
買い手は、需要のありそうなデザインは安く買うことができます
もちろん、依頼されたものが絶対に売りにだされる保障はないんですが。

ちなみに、売り手の利点のモールアイテムをYPチャージ無しで買えるというのは、
運営にとって不利な内容にも思えますが、考えてみてください。
YPが大量にあったとしても、現状あるモールアイテムは
ペットかばんや成長系アイテム・ドリンク・ガーダーなど、
一定時間ごとにしか使えません。

デザイン依頼という内容が増えるじゃないか、と言われましても、
これも、いいデザインで成功すれば先ほど述べたように、
モールアイテムの一定時間ごと消費という特徴のもと、
売り手YPが余る結果になるだけ。
悪いデザインが生まれても、売り手が損をするだけで運営は損をしないことになります。

グラフィックを作るだけなら、YNKJAPANにもグラフィッカーはいるようですし、
後は韓国の開発が日本運営に開発・実装権限を持たせることができれば、
アップデート速度とは別に作成していけるのですが・・・。
地味にここが一番きつそうだな・・・w
実際にコスチューム1つでどれだけ重くなるかも問題ですけどね。

え?そもそもアカウント間のYP移動が危険?
R●Tの温床につながる?ええ、一理あります。
でも考えてみてください。コスでのやり取りだと偽装するためには、
少なくともカスタムコスチュームを業者が高い金を払って作成せねばなりません
そして、そのカスタムコスチュームを売買した間柄に
不審なアイテム取引がないかチェックできます
仮にこれで業者が発見されたとしたら、業者の売っているコスチュームを
所有するプレイヤーをあたっていけば、
利用者の連BANが可能
にはなりませんか。
しかも業者もBANになり、コスチュームの権限も剥奪という形にすればメシウm・・・。
そんな美味しい話ないですか?そうですか?いいアイディアだと思ったんだけどなぁ。

と、色々と語ってしまいましたが。今日はこれまで。

この疑問の他にも、色々話してくれたあの方、ありがとうございました。
d0032088_23201475.jpg


おまけ。というか本日のメインw
d0032088_23263218.jpg

ヒゲラビ△
[PR]
by exe138812 | 2009-12-13 23:14 | シール

オフ会また行けず

東京の人はええの~。
前の仙台オフの前に、広報ブログで
「次は仙台か名古屋か・・・」って書いてあったので、
仙台終ったし次は来るか!?と思ってたんですが、考えが甘かったようでw
まぁそもそも、土曜日の休みが年末なので少ないんですけどね~・・・。

しかし、なんとオフの翌日にオンラインゲームメッセ2009があり、
そこに出展するそうな。
ふっふっふ・・・。
実はウェブマネー大賞にシールで応募した時に、
なんとなくシールが出そうな気がして、すでに事前登録していたのです!w
ぬはははは、私にぬかりはないわっ!

しかし秋葉原かぁ・・・。
まぁオンラインゲームならそこでやるのが順当かもしれんけども・・・、
最近どうも、こう、ヲタクくさいものがだんだん苦手になりつつありまして。
オンラインゲームやってるくせにとかいわないwww
なんなんだろうねぇ、こういうの。
まぁもともとアニメや漫画はほとんど興味なかったし、
ゲームもXbox360のアイマスやら地球防衛軍とか買ったけども途中で放棄したし。

最近はなんだろ、むしろCDに金使ってる気がするなぁ。
昨日も名駅のタワレコで1万円近く使ってるし・・・。
って、どうでもいいやね、そんな話。

あれかもしれんね、前の彼女がオタクだったので秋葉原一緒に行ったけど、
その時に店先に普通にアダルトな2次絵が貼ってあったり
アダルトなフィギュアが普通においてあったりして、
心の中でドン引きしたのがきっかけかもしれんねw
その時は見てみぬふりだったし、前のYNK本社オフから移動しての
秋葉原二次会は暗かったし居酒屋しかいかなかったから問題なかったんだけども。

今回は真昼間の秋葉原。
なんかアトラクションに御藝巫女とかなんとか言ってるし。
痛々しくて正直躊躇いがあったしするw
その割りにシールは平気だったりするんだよな~、
コスとかも可愛いのはうれしいし。
我ながら矛盾してる気が自分もするんだけどもさw

まぁでもやっぱり、なんだかんだいって行くんだろうな~。
STING関連もなんかやるっぽいし。Mさん生きてるかな・・・w
あ、そだ。せっかく東京行くなら、東京方面のビリヤードSHOP見てこよう。
[PR]
by exe138812 | 2009-12-06 21:18 | シール

シールオンラインの変わり者


by exe138812

プロフィールを見る
画像一覧

我流 News

当サイトのTOP絵は、
Koyuki.Aさん
描いて頂きました!
過去の作品はこちら↓
TOP絵ギャラリー from
Koyuki.Aさん



シール公式はこちら
興味がわいたら
早速遊ぶべし!
べしべし!!

ちなみに私は朱雀鯖プレイヤー
SealOnlineに関する
画像その他の著作権は

(c) 2011 YNK Partners Inc. Co., Ltd.
(c) 2003-2011 WeMade Online Inc.
にあります。




オンラインゲームブログランキング

NEW !
シールオンラインリング
サイト一覧ランダム
前5件次5件


=ゲーム内アレコレ=
・別鯖キャラとのささやき方法
! 名前 サーバー名 本文
・露店街の場所
 金~火曜メンテまで開いている
 交流サーバ内で行われてます
 交流サーバへは、街中央の
 ゲートから行けます。
・メインクエについて
 ティファレットのクエ完了には、
 「サキエルの調査」クエが必要。
 再取得できないので、
 欲しい場合は運営へ問合わせ
・名前の数字について
 復帰する場合、名前の後ろに
 「名前_2」のように数字が
 ついていますが、
 街の中央にいる「ネミング」から
 名前を変えることができます。

 それでは、行ってらっしゃい!
 良いシィルツライフを!

=SealOnline
  Useful Links=

Seal Wiki
 Seal commuさんのWiki
 進化情報から装備情報まで
 幅広く使えます。

きき☆彡さんのページ
 二次職スキルシュミレータや
 SealQuestなど使える
 コンテンツがいっぱい!

とらじまさーち
 狩人関連以外は対応。
 狩人に関しては上記の
 SealWikiが良いかも。

スキルシュミレータ NEW!!

=お友達Links=
アルミナさん
巴芹さん
れなこさん
しろとらさん
ガオガイガーさん

=Another Links=

I'm listen to NAGOYARADIO.com!

カテゴリ

全体
★おしらせ!★
シール
しーるde採集
シール以外のゲーム
チャレンジ(封印中)
ニュース
ビリヤード
STING
その他

最新の記事

直接対面してきました。
at 2016-05-07 22:59
【告知】成りすまし結末 ちょ..
at 2016-04-24 03:18
【告知】成りすましその後
at 2016-04-17 00:11
【告知】著作権侵害および成り..
at 2016-04-08 20:08
映画「マネーショート」を見る..
at 2016-03-04 17:58

以前の記事

2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 07月
2014年 06月
more...

ライフログ


THE NETGAMESシールオンライン

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧